ウィグラー機能で、画面揺れを表現しよう!

映像の制作をしていると、揺れている画面を抑える手ぶれ補正機能が使いたいときもあれば、逆に揺らしたい場面もでてきます。

そこで今回は揺れていない素材を揺らす方法、ウィグラー機能を紹介します!

ウィグラー機能

画面を揺らす、といってもいわゆるレイヤーを動かす方法です。

まずはウィグラーウインドウを出しましょう。

ウィンドウ  ウィグラー と選択します。

なんとも簡素なウィンドウですが、これがウィグラーの設定ウィンドウです!

このままでは適用が押せないので、まずは位置にキーフレームを打ちます。

位置にキーフレームを打つことで、位置をランダムに動かすことができます。

同様に、スケールや不透明の場合はそれぞれの効果が得られます。
例えばスケールの場合は、キーフレームの間は大きさがランダムで変わる、などです。

キーフレームを2つ以上選択した状態でウィグラーウィンドウがアクティブになります。
2つのキーフレーム間で数値をランダムに変化させることができます。

キーフレームが3つ以上ある場合でも適用ができ、その場合はそれぞれ3つのキーを維持したまま、ウィグラーを適用できます。
位置の場合、位置AからBの移動と、BからCの移動はそのままということです。

ウィグラーの設定

さて、適用が押せるようになりましたが数値の設定をします。

適用先

これは気にしなくていいですが、時間か空間かを選べます。
位置の場合は自動的に空間パスになります。

ノイズの種類

スムーズ、もしくはギザギザから選ぶことができます。
移動がリニアかベジェかの違いなので、お好みで選びましょう。

キーフレーム補間法って? リニアとベジェ

次元

位置キーの場合、縦軸横軸だけ、もしくは全方位に…などを選ぶことができます。
縦揺れだけにしたい場合などに利用しましょう。

周波数

/秒 と書いてあるとおり、1秒間にどれほど適用するかの設定です。

位置の場合は1秒間に何回移動するかの設定です。
大きくすればするほど、早い動きができます。

強さ

こちらは強さです。
どれくらいの強さでウィグラーを行うかの設定項目となります。

位置の場合、どれくらい移動するかという設定になります。
小さいほど細かな揺れを実現でき、逆に大きくすると激しい揺れとなります。

アドバイス
  • より細かな設定をする場合はエクスプレッションが必要!
  • キーフレームが大量に生成されるので、設定後の全体移動はヌルを使うと楽!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください