親と子って? 同時制御に使える機能!

レイヤーの動きをつけるときに、同時に動いて欲しい…と思ったことはありませんか?

親子機能は、そんなときに使える機能です。

親子機能を理解しよう!

親と子はカルガモの一家を思い浮かべると分かりやすいです。

カルガモ一家の子どもたちは、親についていく習性を持っています。
田舎の用水路などでは、よく見れる光景ですがそれとおなじようなことをAfterEffectsで再現するのが親子機能です。

親子機能の概要

  • 親のレイヤーが動いた場合、子は同じ動きをします。
  • ただし、子が単独で移動した場合は親は子の動きに影響されません。
  • 同じ時間軸で動きがコピーされます。

と言った具合です。

ヌルオブジェクトレイヤーのところで解説があったように、別々のレイヤーを同時に動かしたい場合などは便利な機能です。

実際に親子設定をしてみよう!

わかりやすくまさに親と子を用意しました。

このレイヤーで設定していきます。

AfterEffectsの場合は子が親を選択します。
子のレイヤーを選択して  をドラッグし、伸びたウィップを親に設定します。

または、選択後右側のなしとなっているプルダウンメニューをクリックし、親を選択してあげましょう。

これで親子関係は設定完了です。

親レイヤーを動かしてみる

この状態で親のキーフレームをいじってみると、子も全て同じ動きをすることがわかります。

親レイヤーは子レイヤーの動きに影響されない

今度は逆に、子のレイヤーを動かしてみます。

この場合は、子だけが動くという状態を作り出すことができます。
大きな動きの中の細かい動きを別途設定する際は、子のプロパティを調整しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください