何も無いけど存在する? ヌルオブジェクトレイヤーについて

null(ヌル、ナル)は、何もない、という意味で、プログラミング言語などコンピュータ関係では、「何も示さないもの」を表すのに使われる。

出典 : Wikipedia Null

AfterEffectsのレイヤーの1つ、ヌルオブジェクトレイヤーについて解説します。

階層? レイヤー構造を知ろう!

ヌルオブジェクトレイヤーについて

上記のウィキペディアの通り、何もないという意味です。
…とはいっても、よくわかりませんよね。

百聞は一見にしかず、ということでヌルオブジェクトレイヤーの使い方を解説します。

ヌルオブジェクトレイヤーの作成方法

レイヤー  新規  ヌルオブジェクト を選択します。

または以下のショートカットキーでも可能です。

Ctrl + Alt + Shift + Y
Command + Option + Shift + Y

 

ヌルオブジェクトレイヤーの使い方

新規ヌルオブジェクトレイヤーを追加すると、このようなものが出てくると思います。
これがヌルオブジェクトレイヤーの本体です。

さて、実際にこのヌルオブジェクトレイヤーをどう使うのかを解説していきます。

複数のオブジェクトを同時に制御する

ヌルオブジェクトレイヤーは殆どの場合、何か複数のオブジェクトを同時に動かす場合に使います。

例えばこのような赤色の星と、青色の円があったとして、どちらも同じ回転をしたいとします。
その場合、2つのレイヤーのアンカーポイントを中心に設定し、別々に動かす…なんてことをしていたら日が暮れてしまいます。

こんな感じで同時に動かしたい…

そこでヌルオブジェクトレイヤーの出番です。

まずはヌルオブジェクトレイヤーを作成しましょう。
ヌルオブジェクトレイヤーは作成した時点で、コンポジションの中央に配置されます。
四角くなっていますが、左上の頂点が中心です。

星と円の間にヌルオブジェクトレイヤーを生成します。

ただこれだけでは、当然何も起きず、ヌルオブジェクトレイヤーのパラメータを変えても意味がありません。
そこで親子関係という機能を使います。

親子関係を結ぶ

AfterEffectsでは親子関係という機能があります。
詳しくは親子関係の記事をご覧ください。

親子関係とは?

では星と円の親を、ヌルオブジェクトレイヤーに指定します。

2つのレイヤーを同時に指定するばあいは、Shiftを押しながら選択します。
AfterEffectsでは子が親を指定するので、今回は星・円レイヤーのマークをドラッグし、ヌルオブジェクトレイヤーにつなげましょう。

これで親子設定が完了です。

ヌルオブジェクトレイヤーを動かす

この状態でヌルオブジェクトレイヤーの数値を変更してあげると、星と円も同時に動かすことができます。

1つのパラメータ調整で複数の制御を行うのに便利なレイヤー

上記であったようにヌルオブジェクトレイヤーのパラメータを調整するだけで、他のレイヤーも動いたり大きくなったりします。
後から全てのパラメータを調整するときなどは、調整するものがすくなくなり、便利になります。

ただし使い方次第では、余計時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください