階層? レイヤー構造を知ろう!

AfterEffectsはレイヤーベースの編集ソフトです。
いわゆる、階層構造と言われるシステムですが、慣れるまでは少しコツが必要です。

階層構造って?

AfterEffectsで合成編集や、映像自体の編集をする際はレイヤーというものを重ねていきます。
レイヤーは階層という意味で、下位のレイヤーと上位のレイヤーでは上位のレイヤーのほうが優先度が高くなります。

例えばこの画像を見てください。

背景にお箸の画像、そして「輪島塗」という文字が入っています。

この場合、お箸の写真は下位で、文字が上位となります。
レイヤーは上になるほうが、優先されます。

つまり文字のレイヤーを写真の下に配置した場合は、写真の下に潜り込んでしまうということです。

この図では、白い平面が写真、その上にテキストがあります。
もしテキストを写真の下に入れるとどうなるでしょうか?

このように、テキストを写真の下に入れてしまうと当然見えなくなります。

これがレイヤーベースの基本です。

上記のような例をAfterEffectsのタイムラインパネルに適用するとこのようになります。
タイムラインでは上に行けば上位レイヤー、下に行けば下位レイヤーです。

表示されないな、と思ったらレイヤーの順番が逆になっていたり、上に違うレイヤーがあったりする場合があるので確認してみましょう!

レイヤー関連の記事

 文字を追加してみよう! テキストレイヤー
何も無いけど存在する? ヌルオブジェクトレイヤーについて
 エフェクトを一気に適用する場合は? 調整レイヤーを使おう!
 平面レイヤーって? 作成方法と利用例!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください