トランスフォームで使える便利なショートカットキー!

アニメーションを設定する際、いちいちトランスフォームの三角マークを押すのは面倒ですよね。
そこでそれらを簡単に出せるトランスフォームのショートカットキーを紹介します!

 アニメーションの基本! トランスフォームを使いこなそう!

ショートカットキーとは?

AfterEffects以外でもソフトウェアにはショートカットキーが備わっています。
キーボードの入力で、簡単にソフトウェアの操作を行えるのがショートカットキーです。

今回はトランスフォームのショートカットキーということで
本来トランスフォームの設定はレイヤーから三角マークを押す必要がありました。

これらをキーボードの1入力でできる方法です。

トランスフォームのショートカットキー

トランスフォームは上から

  • アンカーポイント
  • 位置
  • スケール
  • 回転
  • 不透明度

の5つの項目を備えています。

トランスフォームショートカットキーはこれら5つ、別々に用意されています。

それぞれレイヤーを選択した状態でキーを押すことで、機能します。

アンカーポイント

ショートカットキー A

アンカーポイントの A と覚えましょう!

位置

ショートカットキー P

こちらは位置なのでポジションの P ですね。

スケール

ショートカットキー S

スケールの S です。

回転

ショートカットキー R

回転なのでローテーション R です。

不透明度

ショートカットキー T

不透明度、は英語ではオパシティなのですが T です。
これはある意味英語の話なのですが、不透明度は0%で完全に透明ということなので、AfterEffectsでの不透明度は実は逆になっています。

AfterEffectsでは100%で不透明になりますので、この場合は透明度が正しくなりトランスペアレンシー(transparency)が正しい表記となります。

そのためショートカットキーも T ということになっています。

2つ以上の項目を出したいとき

Shift + 各種ショートカットキー

シフトキーを押しながら上記5種のキーを押すと、2つ以上の項目を出すことができます。
ただし1つ目は通常通り、シフトキーを押さずに入力しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください