映像ファイルや画像ファイルを読み込もう!

素材はプロジェクトパネルに読み込む

素材はプロジェクトパネルに読み込みます。
タイムラインに入れる場合も、編集したい場合も、必ずプロジェクトパネルに読み込まなくてはいけません。

パネルとは?

素材を読み込むにはいくつかの方法がありますので、ご紹介します。

ファイルメニューから読み込む方法

ファイル -> 読み込み -> ファイル を選択すると、ウィンドウが表示されますので、素材を読み込みましょう。

プロジェクトパネル内でダブルクリック

プロジェクトパネルの中でダブルクリックすることで、同じ結果を得られます。

ファイル、読み込み…と押すのが面倒な場合はダブルクリックしましょう!

ウィンドウからドラッグ&ドロップで読み込む方法

WindowsまたはMacのウィンドウから直接、素材をドラッグしてプロジェクトパネルに持っていくことで読み込むことができます。

フォルダごと読み込む方法

読み込みのウィンドウを開いて、任意のフォルダを選択すると右下に [フォルダーを読み込み] というボタンが表示されます。

こちらをクリックすると、AfterEffectsにフォルダーの中身の階層をそのまま読み込むことができます。

どの方法でも結果的には同じ

読み込むということには変わりないので、自分がやりやすい方法で読み込みましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください