軌道を自分で描く、モーションスケッチ機能!

AfterEffectsには自分で軌道を描く事ができるモーションスケッチという機能があります。

描く、とはいえ絵を描くようなものではなく
一筆書きで書いたものを位置キーフレームとして変換する機能のことです。

一見ランダムな移動に見せた移動や、文字やキャラクターの輪郭などに沿った演出など
様々な用途で使うことができます。

映像によって普段の使用率は低めですが、覚えておくといい機能です!

モーションスケッチパネル

ウィンドウ  モーションスケッチ

パネルの設定

ウィグラー同様にとても簡素なパネルですので、簡単に説明します。

キャプチャ速度

モーションスケッチのキャプチャ速度設定です。

100% = 1秒を1秒として、認識します。

細かな描写をしたかったり、ゆっくり書きたい場合などは変更しましょう。

スムージング

モーションスケッチしたキーフレームのスムージング設定です。

表示

が入っているものを表示しながら描くことができます。
背景は描写するレイヤーの配下レイヤーを表示するかの設定となります。

開始・デュレーション

基本的にコンポジションの設定が入るので、気にしなくてもOKです。
開始はモーションスケッチを開始するレイヤーです。

スケッチしてみよう

レイヤーの位置キーフレームにスケッチした軌道がはいるので、ヌルオブジェクトに設定するのがいいかなと思います。

 何も無いけど存在する? ヌルオブジェクトレイヤーについて

ヌルオブジェクトを選択した状態で、キャプチャ開始を押します。
開始を押してからプレビューウィンドウでクリックした瞬間からキャプチャが始まります。

一度クリックを離してしまうと終わるので、クリックは長押しする必要があります。

これでヌルオブジェクトに星マークを描くことができました。

位置キーの移動速度は描く速度に比例します。
ゆっくり描くと、ゆっくりな移動、逆に早くしたり遅くしたりするものも影響します!

モーションスケッチしたあとは…

今回はヌルオブジェクトレイヤーの位置情報に、モーションスケッチした情報が入ったので
あとは任意のレイヤーと親子関係にして、動かしましょう!

親と子って? 同時制御に使える機能!

アドバイス
  • モーションスケッチでは手書きで書いたような文字のアニメーションも作れます!
  • うまく書けない場合は、速度を落として書いてみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください