キーフレームの作業をより便利にするショートカットキーをご紹介!

トランスフォームで使うショートカットは先日記事にしたのですが、AfterEffectsはとても多くの便利なショートカットを備えています。

 トランスフォームで使える便利なショートカットキー!
 アニメーションの基本! トランスフォームを使いこなそう!

今回は主にキーフレーム関連の便利なショートカットキーをご紹介します!

作成されているキーフレームだけを見る方法

ショートカットキー U

レイヤーを選択して U キーを押すことで、設定されているキーフレームのみを出すことができます。
例えばトランスフォームのスケールと不透明を変更してキーを生成している場合は、その2つのプロパティのみが表示されます。

これはトランスフォームだけではなく、レイヤーに付与されているものすべてのキーフレームが見れるので
エフェクトのキーフレームも一緒に出すことができます!

ひとつ前、もしくはひとつ後のキーフレームに移動する

キーフレームの移動は数が多ければ多いほど面倒になってきますが、そこを対処できるショートカットもあります。

ひとつ前に移動する場合は ショートカットキー J
ひとつ後ろに移動する場合は ショートカットキー K

ただしこれは画面に写っているキーフレームをすべて認識するので
1つのレイヤーのみで移動したい場合は上記のUを押した後に移動すると円滑です。

キーフレームのイージングを変更する

イージングも前に解説したとおりなのですが、毎回選んでいると少し面倒です。
大きく作業に影響があるわけではないものではありますが、細かなところに届いているショートカットキーです。

 キーフレーム補間法って? リニアとベジェ

いずれもキーフレームを選択した状態で

イージーイーズ ショートカット F9
イージーイーズイン ショートカット  Shift + F9
イージーイーズアウト ショートカット Ctrl + Shift + F9 / Command + Shift + F9

MacはOSのショートカットと競合する場合があります。
Dashboard と Expose のショートカットの再割り当ての方法については、Mac OS のヘルプを参照してください。

キーフレームの時間を変更する

2つや3つであれば、少しの移動ですみますが例えば100個のキーフレームを全部等間隔で動かしたい…。
3秒の設定を6秒にしたい。といった場合にはキーフレームのストレッチ機能を使うと簡単に編集ができます。

2つ以上のキーフレームを選択した状態で
ショートカット   Alt / option

それぞれのキーを押しながら、端のキーフレームをドラッグすることでできます!

アドバイス
  • 単体では小さな変化ですが、大規模な作業だと大きな時間短縮になります!
  • ショートカットキーは数多くあるので、いろいろ使ってみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください