操り人形? パペットツールでキャラクターアニメーション!

AfterEffectsのパペットツールを使うと、2Dのキャラクターを簡単にアニメーションすることができます!

パペットツールとは?


パペットツールとはこのように画像を操り人形のように、自由に動かすことができます。
パペットツールでは1つ、もしくは複数のピンを画像に打って、それらを動かすことで全体的なメッシュを保ちつつ自然にアニメーションすることができます。

パペットツールを使ってみよう


パペットツールはツールバーにあるパペットピンツールで行います。

レイヤーを選択した状態で、パペットにピンを打っていきます。
人の場合は、関節の部分にピンを打っていくとスムーズな移動ができます。

たくさん打ちすぎても動きがきこちなくなったり、後の作業が面倒になるので、最低限のピンを打つことを心がけましょう!

パペットピンを動かす

打ったピンは、初期でキーフレームが打たれているので、少しタイムラインをずらしてピンを動かすだけで
簡単にアニメーションできます!

筆者がパペットツール苦手で伝わりにくいですが…汗

パペットツールを使えば1枚の静止画から簡単にアニメーションをつくることができます!

ポイント
  • 腕や足など、交差している部分は動かせません!
  • 逆に腕、足などパーツごとに分解している素材だと、よりスムーズなアニメーションができます!
  • Adobe キャラクターアニメーターを使うと、もっと複雑なことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください