動画の基本! 解像度とフレームレートって?

これまでAfterEffectsの記事をアップしていましたが、そもそも動画ファイルの基本的なことって?という方もいると思うので
今回はAfterEffectsとも切っても切り離せない、解像度とフレームレートを解説していきます!

解像度って?

最近ではモニターや、テレビなどでも使われる解像度という言葉。
4K解像度、Retinaなどなど、いろいろ言われていますね。

簡単に表現すると、映像の大きさ、鮮明さのことで数字が大きければ大きいほど、細かな表現が可能です。

ただし4Kなど、しっかりとその解像度で見るには対応したモニタが必要です。

解像度の表記

YouTubeなどで動画視聴している際に、1080pや720p、これが解像度の表記になります。

主流であれば1920×1080、いわゆるフルHDと呼ばれる解像度です。

4Kや8Kは単純に、フルHDの4倍、8倍と思ってOKです。

4K3840×2160
Full HD1920×1080
HD1280×720
SD854×480

これ以外にも解像度はたくさんあります。

フレームレートって?

1秒間に表示するコマの数、です。

パラパラ漫画を想像してみてください、あれの紙を1秒に何枚めくるか。の設定です。
当然多ければ多いほどなめらかになります!

Youtubeで表示されている、1080p60、の60の部分がフレームレートの数値です。
この場合は1秒間に60枚のフレームで構成されているということです!

滑らかにする場合は、フレームレートを高く設定しましょう。
ただし!容量も大きくなるので注意です!

ウェブなど60fps / 30fps
テレビ29.97fps(日本の場合)
映画24fps
アニメ23.976fps

まとめ

基本中の基本です、解像度とフレームレートを解説しました。
この他にももっともっと深掘りした内容があるので、後日記述したいと思います!

とりあえずは解像度、フレームレートを理解して映像を制作しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください