パーティクルの最高峰! Trapcode Particularをご紹介!

先日はパーティクルエフェクトを紹介しましたが、今回はその最高峰としても知られるプラグインの紹介です!

パーティクルって? 実際にパーティクルを触ってみよう!

Trapcode Particular?

通称パーティキュラー。

パーティクル生成エフェクトの最高峰プラグインとして知られていて、すでに業界じゃディファクトスタンダード化しているものです。
標準で内蔵されているパーティクル系エフェクトでは、再現できないようなものまで作成が可能です。

例えば炎や煙などといったものから、宇宙、オブジェクトの生成までこなします。
質感の設定も可能なので、実写に合成してもわからないようなクオリティを作り出すことも!

ただしその反面、数多くのパラメータがあるので初心者には触れづらく
AfterEffects操作にある程度なれたユーザーではないと、使いこなすのは難しいかもしれません。

プラグインについて

Trapcode Particularはシェアウェアのプラグインです。
利用するには購入する必要があります。

Particularは単体でも購入ができますが、Trapcode系すべてを集めた Trapcode Suite を購入することをオススメします。
様々なパーティクル系エフェクトが詰まっているお得なパックです。
購入はフラッシュバックジャパンさんや、公式のウェブサイトで購入することができます。
結構な頻度でセールも行っていますので、確認してみましょう!

アカデミック(学生版)はプラグインでも安くなることが多いので、学生の人は学生のうちに購入しましょう!

どんなプラグインなの?

これだけボリューミーだと説明のしようがないレベルなので、公式のプロモーションビデオをご紹介します。

これはTrapcodeすべての映像なのですが、Particularの箇所だけ見てみても、その自由度の高さが一目瞭然です。

エフェクトの使い方

まさに自由度の塊なこのエフェクトなんですが、とりあえず適用するところまで紹介します。

まずはコンポジションを作成して、平面レイヤーを作りましょう。

平面レイヤーって? 作成方法と利用例!

そこにParticularを適用。

当然海外製品ですので、すべてが英語表記です。
いくつかの項目は標準で内蔵されているパーティクルエフェクトと同様の内容のものもあります。
Particularを触る前に、ぜひパーティクルエフェクトを触ってみましょう。

パーティクルって? 実際にパーティクルを触ってみよう!

Designerボタン

この青色のDesignerボタンは、Effects Builder という機能で比較的新しいParticularの機能です。
今まではその下にあるエフェクトコントロールをいじって作っていたのですが、エフェクトビルダーでは視覚的・直感的にパーティクルの作成と修正が行えるようになりました。

この機能は従来のパーティクル生成エフェクトには搭載されていません。

専用のユーザーインターフェースが用意され、ここでパーティクルを設定することができます。

早足ですがParticularのご紹介でした。

機能をもっと知りたい

このエフェクト、記事にはできないくらいの機能があります。

しかしエフェクトを知らないと作れないのも事実、そこでフラッシュバックジャパンさんのクリエイターズビューというコーナーをご紹介します。

yama_ko 氏による Particular 活用法 – クリエイターズビュー フラッシュバックジャパン

ここではyama_koさんによるParticularの詳細な使い方をビデオで確認できます。
ぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください