AfterEffectsを使うパソコンはMacがいい?Windowsがいい?

AfterEffectsを使う環境というのは現状ほとんとパソコンだと思いますが
その中でもOSは何を選んだらいいのか、気になるところですよね。

少し前まではクリエイターはMac!という雰囲気もありましたが、実際のところどうなのでしょうか?

本日はAfterEffectsを使う場合、どちらのOSを選ぶべきかを記事にします。

OSとは?

そもそもOSとはなに?という方も多いかもしれません。
OSとはオペレーティングシステムのことで、パソコンを触る上では必要不可欠な存在です。

例えば、今見ているマウスカーソル。ウィンドウからタスクバー。すべてOSの機能です。
端的に言ってしまうとOSとはパソコンを使う人へ機能を提供してくれているものと思っておきましょう。

とはいうものの、普段からOSを意識している人はいませんよね。

しかしAfterEffectsを使う場合や他のソフトウェアを使う場合は、少し考える必要があります。

OSの違い

  • Windows OS
  • Mac OS

いわゆるこの2つが有名ドコロですね。

他にもCentOSとかChromeOSとか、Ubuntu。とか様々なものがありますがAfterEffectsを使う上ではあまり用途上マッチングしないので今回は割愛させていただきます。

ではこの2つの違いはなんでしょうか?

Windows OS

世界で最も利用されているオペレーティングシステムです。
米国Microsoft社が開発、販売しています。最新版はWindows 10です。

いわゆるパソコンと言われるものを思い浮かべるとこのWindowsを思う人も多いのではないでしょうか?

WIndowsの優れている点は利用者が多いがゆえに、情報も多いこと
またフリーソフトなど、AfterEffects以外のソフトが豊富なこと。
世の中に溢れる無料ソフトウェアはほとんどWindows向けの物が多いですね。
また、ゲームをする場合もWindowsが優勢でしょうか。

Mac OS

iPhoneやiPadで有名な米国Apple社が開発、販売しているOSです。
しかしこちらはOS単体での販売はしていなく、Appleが開発しているパソコンにインストールされています。

ノート型だとMac Book系、据え置きだとiMac、MacProなどがあります。

Macの優れている点は、ディスプレイ品質が良いことや動作が軽快なこと。
MacProの場合は自前のディスプレイを利用する必要がありますが、MacBookやiMacなどを使う場合は
色の再現率や鮮明さが際立ちます

このあたりが、デザイナーはMacといわれてきた所以ですね。

AfterEffectsを使う場合は?

どちらのOSでも、AfterEffectsを使う上では正直そんなに違いはありません。
少しの違いなので紹介は必要ないかなと思いましたが、いくつか紹介したいと思います。

Windowsで利用する

  • Windowsによるエラーのトラブルシューティングは情報が豊富
  • Windows専用のプラグイン、スクリプトを利用できる。
  • 自分でパソコンの構成を考えれるので、自由度が高い。
  • NVIDIA製のグラフィックボードを利用することでCUDAが利用できる。

MacOSで利用する

  • MacOS専用のプラグイン、スクリプトを利用できる。
  • 発色が綺麗なので、カラーコレクションなどは優勢。
  • タイムマシーン機能でバックアップが容易。

結局、好みの領域となってきました。
…記事にしといてこういうのもおかしなか話ですが、これ!と決定することはできません…笑

とはいえ、他の要素も絡んでくるので、AfterEffects以外で何をするかで考えてもいいかもしれません。
ここまでくるとAfterEffects以外の要素で決めたほうがいいという結論になるかもしれませんね。

Windowsが向いている人は…

  • PCゲームをよくする方
  • AfterEffects以外のWindows専用ソフトを利用する人
  • OS代、パソコン代を抑えれるので、コストパフォーマンスを重視する人
  • パーツなどにこだわりのある人

以上がWindowsが向いている人です。

MacOSが向いている人は…

  • 色合いや繊細さを求める人
  • パソコンが詳しくなく、パーツ選びやスペックがある程度欲しい人
  • Apple純正アプリなど、MacOS専用ソフトを使いたい人
  • iPhoneアプリ開発なども視野に入れている人

以上がMacOSが向いている人です。

結論

もはや好みです。

前はMacOSでしか書き出せない形式があったのですが、先日のアップデートで解消したので
今は本当にAfterEffectsだけを捉えるなら、あまり差異がない状態です。

またAdobeCCはCS時代と異なり
OSが別でも2つのパソコンにインストールできるので、こちらも気にする必要がなくなりました。

ちなみに筆者は家ではデスクトップPCでWindows、出先ではMacBookProを利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください